保険外治療と保険治療 - 奥歯の差し歯の治療方法

差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは高度なインプラント治療のオールオン4から通常のインプラント治療・一般歯科から小児歯科など歯の治療を幅広く取り扱っています。

【奥歯を差し歯】

奥歯の差し歯は、銀歯しかないの?

奥歯の虫歯治療には、いくつかの方法があります。保険が適用される中での治療から、料金は高くともより品質の高い、保険適用外の治療法など、選択肢はいくつもあります。

奥歯の差し歯治療を中心に、治療方法を考えてみましょう。

奥歯の差し歯治療は、保険の中で対応可能です

奥歯の虫歯が大きく広がってしまった場合、その治療方法の一つとして「差し歯治療」があります。保険が適用される範囲内での差し歯ならば、奥歯の場合は「銀歯」を使用する必要があります。

奥歯はほとんどの場合、強く力のかかる場所であるため、差し歯には相応の高い耐久性が求められます。さらには、前歯と違い目立つ部分でもないため、銀歯であってもそう問題はないとされているためです。

料金は、3,000~5,000円程度の場合が多くなります。

差し歯として銀歯を使った場合に問題は?

歯科医によっては、保険内の差し歯をお勧めしない場合もあります。

差し歯の土台には金属を使用しているため、金属イオンが溶け出し、歯茎が黒ずむことがあるからです。

また、たとえ奥歯であれ、人前で笑うなど、大きく口を広げたときには、やはり銀歯は目立ってしまいます。人前に出る機会の多い方は、特に気になる所でしょう。

さらには、銀歯そのものの使用に対し、疑問を投げかける歯科医師が多いという現実もあります。海外で銀歯を見せると「こんなものを使っているのか」などと驚かれることも少なくありません。

現在の銀歯は「金銀パラジウム合金」と呼ばれる、コスト面と耐久性にとても優れた金属を使用しますが、これが硬すぎるために、土台となる歯根を傷つけたり、歯との間にすき間を作り、虫歯の原因になったりする場合があります。

保険適用外の奥歯治療法は?

もし患者様が、多少は高くなっても、保険に縛られない方法での治療を望まれる場合は、医院に相談しましょう。

より高品質な差し歯

歯科用のプラスチックや、ジルコニアという真っ白な素材で、綺麗な人口の歯をつくることができます。ただし奥歯は、噛み合わせに強い力がかかる部分でもあるため、使えるものは限られてきます

インプラント

差し歯とは違い、土台から人工の物を使用する、新しい治療法がインプラントです。見た目に美しく、また十分な耐久性を持たせることが可能です。

全て人工物なので虫歯にはならない、かと言えばそうではなく、毎日のブラッシングは絶対に必要です。年数回のメンテナンスも必要になりますので、自分の歯と同様大切にしてください。

これらの治療法は、患者様のその時の状況次第では利用できない場合などもあります。

  • 差し歯読録トップへ
  • 差し歯とは?
  • 差し歯の値段・費用
  • 差し歯の寿命
  • 差し歯が臭い?口臭に注意!
  • 前歯の差し歯
  • 奥歯を差し歯
  • 差し歯とブリッジ
  • 差し歯とインプラントの違い
  • 前歯の差し歯は保険適用する?
差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本