【前歯の差し歯は保険適用する?】保険での差し歯治療は可能なのか?

差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは様々な義歯を取り扱っております。最新のインプラントから古くからある入れ歯・ブリッジなどの治療も得意としています。当院の院長は入れ歯・インプラント両方を自ら経験していますので良いアドバイスを致しますのでお気軽にお聞きください。

【前歯の差し歯は保険適用する?】

保険での差し歯治療は可能なのか?

結論から言えば、差し歯は保険の適用が可能な治療法です。ただし保険適用の治療には制限が多く、必ずしも患者様が満足いただける結果になるとは限りません。

保険適用内の差し歯治療がどのようなものなのか、こちらでまとめております。十分に理解した上で、ご自身に合ったものをご検討ください。

保険適用内の指し歯について

虫歯などにより、歯が十分に使えなくなってしまった場合には、差し歯治療により本来の噛む能力を取り戻すことができます。それも保険適用内での治療が可能であり、その料金はおよそ3,000円から8,000円程度となります。

前歯であれば、歯科用のプラスチックによる白い人工の歯となり、奥歯であれば銀歯での治療となります。ただし保険適用内の差し歯には、素材上の問題があります。

前歯用の差し歯として使用される材質には、数年で黄色く変色してしまう性質があります。また、差し歯の土台として金属を使用しているため、歯茎が黒ずむ場合があります。

奥歯用の差し歯として使われる銀歯も、やはり金属であるため、歯茎が黒ずむ場合があります。また、一般的には保険適用外の差し歯よりも、脆い材質となっています。

保険外の差し歯はなぜ選ばれるのか?

保険適用外の差し歯として選ばれている材質は「セラミック」「ジルコニア」などがあります。自由診療であるため、その料金は歯科医院により変わってきますが、8万円から数十万円となり、保険適用内のものと比べると10倍以上となってしまいます。

保険が適用される差し歯が用意されているにも関わらず、保険外となる高価な差し歯を選ばれる方も少なくありません

前歯の差し歯の場合は、保険適用内の「レジン」が数年で変色します。これは材質の特性上、避けられないことです。一度差し歯治療を行った後に、変色が気になるという理由で、保険適用外の差し歯へと切り替える患者様もいらっしゃいます。

奥歯の差し歯は、保険適用内であれば「銀歯」となります。あまり見られる部分ではありませんが、人と接触する機会の多い方などは、やはり保険外の差し歯を考えられるようです。

見た目だけでなく、耐久性の面でも保険適用外の差し歯が優れています。保険適用内の差し歯を、数年ごとに取り替えながら使うくらいなら、はじめから綺麗で丈夫な差し歯を使用した方が、時間も費用もお得であると言えます。

保険適用外の差し歯は医療費控除の対象です

保険の適用外となってしまう高価な差し歯ですが、実は医療費控除の対象となる場合があります。詳しくは歯科にご相談下さい。

  • 差し歯読録トップへ
  • 差し歯とは?
  • 差し歯の値段・費用
  • 差し歯の寿命
  • 差し歯が臭い?口臭に注意!
  • 前歯の差し歯
  • 奥歯を差し歯
  • 差し歯とブリッジ
  • 差し歯とインプラントの違い
  • 前歯の差し歯は保険適用する?
差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本