前歯の差し歯とトラブルと保険適用内・外の治療方法での違い

差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは歯並びや噛み合わせの相談から歯周病・虫歯により歯を失った患者様の歯も最新のインプラント治療で解決致します。歯に関する事でお悩みの方は専門の医師がカウセンリングしますのでお気軽にご連絡下さい。

【前歯の差し歯】

前歯を差し歯に…大丈夫?

前歯が、虫歯や突然の事故により欠けてしまっても、そう悲観することはありません。保険が利用できる差し歯治療で、元の白い歯を取り戻すことができます。

しかし完全に元通りとはならず、様々な問題が現れます。前歯を差し歯にする場合、どのような問題点が現れるのか、見て行きましょう。

保険適用の中で、白い差し歯にできる

一般的に、保険適用内で治療に使用できるものは、保険適用外の物と比べると安価であり、品質もそれなりです。

奥歯を保険適用内で差し歯にする場合は、銀歯にする必要があります。これは非常に目立ってしまうため、前歯に使うには審美的に褒められたものではありません。

しかし、前歯に限っては、保険適用内であっても「レジン」と呼ばれる、歯科用の白いプラスチックの差し歯を選ぶことができます。

前歯を差し歯で治療する場合は、およそ3,000円から8,000円と、比較的安い料金で、白い歯を取り戻すことができます。

良いことばかりではない?差し歯や歯茎や変色することも

保険内の治療の限界だ、といってしまえばそれまでかもしれませんが、前歯の差し歯を保険適用内で行う場合には、それなりのデメリットがあるのも事実です。

差し歯の土台として、金属を使用するため、金属イオンが溶け出し、歯茎が黒ずむことがあります。歯科用のプラスチックであるレジンは、時間が経つと黄色く変色してしまいます。

これらは、保険適用内の差し歯を使う上では、簡単には避けられないことです。

良いことばかりではない?差し歯や歯茎や変色することも

保険内の治療の限界だ、といってしまえばそれまでかもしれませんが、前歯の差し歯を保険適用内で行う場合には、それなりのデメリットがあるのも事実です。

差し歯の土台として、金属を使用するため、金属イオンが溶け出し、歯茎が黒ずむことがあります。歯科用のプラスチックであるレジンは、時間が経つと黄色く変色してしまいます。

これらは、保険適用内の差し歯を使う上では、簡単には避けられないことです。

保険適用外ならば、良い治療法はあるのか?

保険の適用外であれば、上記のように変色する恐れの少ない材質を選ぶことができます。

差し歯の土台として「ファイバーコア」と呼ばれるプラスチックを使用すると、少なくとも金属イオンが溶け出すことによる変色を防ぐことができます。

さらに、ファイバーコアには歯と同じような「しなやかさ」があるため、差し歯の耐久性を高める効果も期待できます。

外側の差し歯についても、セラミックなどの変色しない材質のものを用意できますので、差し歯そのものの変色が気になる方はご相談ください。

そのほかにも、土台の歯を取り去り、全て人口の物に置き換える「インプラント治療」などがあります。

これらに共通するのは、いずれも高額になってしまう(数万円から数十万円、自由診療なので歯科医院によります)事と、結局は毎日のブラッシングによる入念な手入れや、定期的な通院によるメンテナンスが欠かせない、ということです。

いちばん賢い選択は、そもそも差し歯を使うことのないように、歯を大切にしておくことです。

いくら高額の、優れた治療法とくらべても、今あるあなたの歯を超えた、優れた歯を手に入れることはできません。言い換えると、健康な歯は一本あたり数十万円、数百万円の価値があると言っても良いほどなのです。

正しいブラッシングを学び、定期的な検診をする習慣をつけましょう。お気軽にご相談ください。

  • 差し歯読録トップへ
  • 差し歯とは?
  • 差し歯の値段・費用
  • 差し歯の寿命
  • 差し歯が臭い?口臭に注意!
  • 前歯の差し歯
  • 奥歯を差し歯
  • 差し歯とブリッジ
  • 差し歯とインプラントの違い
  • 前歯の差し歯は保険適用する?
差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本