【差し歯とブリッジ】メリットとデメリットと治療のタイミング

差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは高水準で安全なインプラント治療を提供できるように自らインプラント治療の体験をし、患者様に最も良い治療を行えるように日々努力しています。

【差し歯とブリッジ】

差し歯とブリッジ、どちらを選ぶか?

歯が虫歯に侵され、完治が難しくなってしまっても、差し歯やブリッジと呼ばれる治療法が存在します。この二つについては、混同されている方も多いようです。

これらの治療法は、どちらも大きく違うものであり、それぞれが特徴を持ちます。どちらが、どのような状況で選ばれるのか、確認してみましょう。

差し歯、ブリッジを利用するタイミングとは

差し歯やブリッジが選ばれるのは、本来の歯が使えなくなった時に限られます。そのほとんどは、虫歯が重度に進行した時です。

虫歯治療のために削られた歯は、そのままの状態では噛み合わせの一部として使えなくなることがあります。その歯を土台として金属やプラスチックなどの、人工の歯を被せたものが、差し歯と呼ばれます。

部分的に使えなくなってしまった歯の、利用できる部分を残す訳なので、削り取る部分は可能な限り少なく済むという特徴があります。

一方ブリッジは、抜歯した箇所の両隣の健康な歯(場合によっては片側)に、部分的な入れ歯のようなものを引っ掛けて使用します。虫歯や歯周病などにより、歯そのものが消失した時に、補うことができるものです。

いずれも、保険診療内で行うことができるため、多くの患者様が利用されている治療法です。

それぞれのメリット・デメリット

差し歯

差し歯が優れている点は、その他の治療法と比べて、削り取る部分が少なくて済むというメリットがあります。元ある歯を土台として使うことが出来るため、体への負担が少なくて済みます。

デメリットは差し歯となる歯は、神経が抜かれていることがほとんどです。

神経を抜いてしまった歯は、栄養が届けられなくなるため、とても脆くなってしまいます。そのため、耐久性を持たせるために「コア」と呼ばれる硬い土台を詰めることになりますが、これが金属であれば、稀に金属アレルギーを引き起こします。

神経が通っていないということは、痛みを感じることができません。虫歯が進行しても自覚できず、気付いた頃にはもう手遅れになる場合もります。

ブリッジ

差し歯は、元々の歯を土台として使う必要がありますが、一方ブリッジは、土台としての歯が維持できない場合にも処置が可能な点がメリットです。

ただし、消失した歯の両隣にある、健康な歯にブリッジを引っ掛けるため、一部削る必要があります。完全に健康な歯を削ることになるため、それらの歯の寿命を縮めてしまうことや、噛む力が強くかかってしまうなどのデメリットがあります。

歯のケアを大切に

差し歯もブリッジも、たとえ歯は失ったとしても、噛む機能までは失わないようにできる有効な治療方法です。しかし、神経の通った健康な歯を使い続けることが、もっとも有効です。

健康な歯についてはもちろん、既に差し歯やブリッジとなっている歯は、より一層お口のケアに気を配るようにしましょう。

  • 差し歯読録トップへ
  • 差し歯とは?
  • 差し歯の値段・費用
  • 差し歯の寿命
  • 差し歯が臭い?口臭に注意!
  • 前歯の差し歯
  • 奥歯を差し歯
  • 差し歯とブリッジ
  • 差し歯とインプラントの違い
  • 前歯の差し歯は保険適用する?
差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本