【差し歯とは?差し歯の種類や治療法】欠けた時・虫歯の応急処置方法

差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックは入れ歯・インプラント・小児歯科・矯正、審美歯科など総合的な歯の治療が可能。又親知らずや顎関節症のでお困りの方もご相談下さい。

【差し歯とは?】

差し歯に関する誤解と注意点

あなたが歯の治療のため、歯医者を訪れたときに「差し歯をおすすめします」と言われてしまうと、きっと驚かれるでしょう。

「差し歯って、つまり入れ歯でしょう?」「歯茎に歯を差し込むの?」というイメージをお持ちかもしれませんが、実はこれらは差し歯とは違うものです。

虫歯が極端に進行してしまい、治療ができなくなっても、歯をすべて抜かずに、根元のみを活かすことができる場合があります。そのときに選ばれる治療法が差し歯です。

「差し歯」は入れ歯ではありません。

差し歯に関しては、実は意外と誤解が多いものです。

「歯を差す」という言葉から、本来の歯に代わり、作り物の歯を歯茎へ差し込んだり、部分的な入れ歯をはめ込んだりする、と考えている方は多いようですが、それは違います

虫歯などで歯を削ったときに、その上に金属などでできた「被せ物」を被せて歯の代わりとする治療法を「差し歯」と呼びます。基本的には、保険適用となる治療法なので、多くの患者様が利用されています。

差し歯は作り物ですが、虫歯になります!

本来の歯から、差し歯へ取り替えたから、もう虫歯などのトラブルから開放されるのでしょうか? いいえ、実際にはそんな事はありません

差し歯となった場合には、それまで以上に、お口のケアが必要となります。

土台の歯と差し歯の間が危険です。

土台の歯と差し歯の間に細菌が入り込み、繁殖してしまう場合があります。これにより、差し歯治療をした歯であっても、その土台の歯が虫歯・歯周病となる場合があります。

差し歯治療となれば、神経が抜かれていることが多く、虫歯があっても気付きにくいのです。そのため、差し歯で治療した歯が虫歯だと気付いた時には、かなり進行しているケースが少なくありません。

差し歯になったからといって、決して油断できません。

差し歯は欠けてしまうこともあります。

差し歯は毎日使うものなので、壊れてしまうこともあります。

これを接着剤などでくっつけてしまい、そのまま使い続けるという方がいるようですが、これは絶対におやめください

かぶせ物を元通りに接着することができたとしても、細菌が入り込める程度の隙間は、簡単には埋めることができません。そのような隙間から細菌が入り込み、歯や歯茎へ炎症を引き起こします。最悪の場合には、歯槽骨へも影響を及ぼします

差し歯が欠けてしまった時は、治療を受けるようにしてください。

欠けた時の応急処置

すぐに通院することが難しい場合は、その場限りの応急処置として、入れ歯安定剤の利用をおすすめします。完全に接着されているわけではなく、突然外れたりすることがありますから、飲み込んだり、噛んだりしないようご注意ください。

ただし、あくまでも一時的な処置としての方法であり、このまま使い続けてはいけません。

差し歯は、生きた歯よりもダメージを受けやすいものと考え、丁寧なケアを心がけてください。

  • 差し歯読録トップへ
  • 差し歯とは?
  • 差し歯の値段・費用
  • 差し歯の寿命
  • 差し歯が臭い?口臭に注意!
  • 前歯の差し歯
  • 奥歯を差し歯
  • 差し歯とブリッジ
  • 差し歯とインプラントの違い
  • 前歯の差し歯は保険適用する?
差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本