【差し歯の寿命】一生使うために気をつけたい事

差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本
トップへ戻る

歯の治療は痛みなど不安が沢山あると思います。ナタリーデンタルクリニックスタッフ一同は患者様の不安を取り除くために工夫をしています。

【差し歯の寿命】

差し歯を一生使うために気をつけたい事

差し歯は、保険適用外のものであればもちろん、保険の適用内であっても、歯科診療の料金としては、比較的高めとなっています。

気になるのは、その寿命です。一度差し歯にしてしまえば、虫歯から開放されるかといえば、実はそんな事はありません。人口の物であれ、時間が経てば自然に劣化するものもあり、決して油断はできないのです。

差し歯には寿命があります。

差し歯の寿命は、およそ10年程度と言われています。もちろん、早ければ1年持たない場合もあります。保険による差し歯の場合は、2年間の保証があります。

差し歯が劣化するケースとしては、以下のような場合があります。

差し歯が変色する

保険適用で、前歯に使われる差し歯の材質に「レジン」とよばれる歯科用のプラスチックがあります。この材質は、数年経てば、必ず自然と変色してしまいます。

変色を気にする患者様は、はじめから保険適用外となる差し歯を検討された方が、将来的にみてお得と言えます。

歯茎が黒ずむ

差し歯を使用すると、歯茎が黒ずむ場合があります。差し歯を使う上で、歯茎の黒ずみは避けて通れない、と考えている方も少なくありませんが、実は解決することができる問題なのです。

歯茎の黒ずみを作る犯人は、差し歯に使われている金属です。金属のイオンが歯茎へと溶け出し、黒ずみとなるばかりでなく、炎症を引き起こすことさえあります。

差し歯には、その材質に金属を使わないものがあり、それらへ取り替えることで解決できることがあります。

破損してしまう

強い力が加わることで、差し歯が欠けることがあります。堅い食べ物に対してのみ気をつけていれば、そうそう起こらないトラブルかもしれませんが、歯ぎしりや噛み締めについては、別問題です。

実は、就寝中の歯ぎしりや噛みしめは、歯に対して深刻なダメージを与えることがあります。差し歯も例外ではなく、寝ている間に欠けてしまうという場合が少なくありません。

差し歯が欠けた場合には、かならずご歯科で治療してください。取り返しがつかない事になる場合がありますので、自分で接着剤を使い復元するようなことは絶対におやめください。

長持ちさせる方法があります。

差し歯は、しっかりと手入れをすれば、本来の寿命と言われている10年はもちろん、その後一生に渡って、自分の歯として使い続けることもできるでしょう

そのためには、歯垢が付かないようにしっかりブラッシングしましょう。それに合わせて、通院による定期的なメンテナンスも重要です。

差し歯となっている歯は、ほとんどの場合は神経を抜いているため、虫歯や歯周病が進行しても、自覚症状が現れにくいのです

これらは、どのような高品質の差し歯を使おうが、忘れることができない問題です。差し歯に対しては、通常の歯よりも入念なケアを心がけましょう。

  • 差し歯読録トップへ
  • 差し歯とは?
  • 差し歯の値段・費用
  • 差し歯の寿命
  • 差し歯が臭い?口臭に注意!
  • 前歯の差し歯
  • 奥歯を差し歯
  • 差し歯とブリッジ
  • 差し歯とインプラントの違い
  • 前歯の差し歯は保険適用する?
差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本