【差し歯の値段・費用】保険適用外と保険治療の違い

差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本
トップへ戻る

当院では実際にインプラントと入れ歯を経験した院長が在籍していおります。ナタリーデンタルクリニックはより良い治療の実践の為日々たゆまない努力を重ねています。

【差し歯の値段・費用】

差し歯はやはり高いのか?

v差し歯を利用する場合に、やはり気になるのはそのお値段です。差し歯の材質や、その位置などにより料金が変わることがあります。

当然のことながら高額であればあるほど良い差し歯を提供することが可能です。しかし、土台となる歯の状態や、その位置などにより、利用可能な差し歯が変わってきます。

保険適用の可否も含め、こちらで確認しましょう。

保険適用となる差し歯

保険が適用される中での差し歯の料金は、高くても1万円弱となります。(3,000円~8,000円ほど)差し歯として使用可能な材質は、治療する歯が前歯か奥歯かで変わってきます

前歯(前歯から犬歯まで)に使用可能な材質

硬質レジンジャケットクラウン

「レジン」と呼ばれる、歯科用のプラスチックを利用した差し歯です。色が白く、見た目には悪くありませんが耐久性にやや問題があると言えます。

利用可能な場所は、前歯の中でも力が加わりにくい場所に限定されます。また、何年か経過すると、自然と変色してしまいます。

硬質レジン前装冠

上記の材質に加え、金属の土台を加えて耐久性を持たせたものです。まれに金属アレルギーを引き起こすこともあります。やはり、時間が経つと変色してしまいます。

奥歯(犬歯より後ろの歯)に使用可能な材質

銀歯

後ろ側の目立たない歯を、保険適用内で差し歯にする場合は、銀歯のみが使用可能です。全体が硬い金属なので、強い噛み合わせに耐えることができます。

金属を使用している以上、まれに金属アレルギーを引き起こすことがあります。

保険適用外となる差し歯

保険適用内での差し歯は、「審美性」「耐久性」などの面において、やはり限界があります。長い目で見れば、多少料金は高くなっても、綺麗で丈夫な差し歯にした方が良い場合もあります。

その料金は、数万円から数十万円となります。自由診療となるため決まった料金はなく、それぞれの歯科医院で変わってきます。

オールセラミック(8万円~16万円)

いわゆる「陶器」の歯です。そのため何年使用しても変色せず金属アレルギーを引き起こすこともありません

ハイブリッドセラミック(4万円~12万円)

上記のセラミックに比べると、比較的安価となります。見た目によく、金属が含まれていないため、金属アレルギーも引き起こしません。

メタルボンド(10万円~20万円)

上記の「オールセラミック」の差し歯の中を金属とし、耐久性を持たせたものです。絶対割れない、という訳ではありませんが、強く噛み合わせる場所へも使うことができます。やはり高額となってしまいます。

金歯(4万円~12万円)

保険適用内の銀歯とくらべると、より高品質な金属が使われるため、耐久性が非常に高く、長持ちします。

差し歯の選び方

一般的には、保険適用内の歯は見た目と耐久性に難があります。長期的には、保険外の差し歯を選ばれた方が、安く済むという場合もあります。

しかし、無理な使い方をせず、積極的に人前に出ることが求められる方でもない限り、保険適用内の差し歯で十分である場合がほとんどです。

差し歯は、選択の幅が広い分、料金の幅も非常に広くなっています。満足のいく差し歯を選びましょう。

  • 差し歯読録トップへ
  • 差し歯とは?
  • 差し歯の値段・費用
  • 差し歯の寿命
  • 差し歯が臭い?口臭に注意!
  • 前歯の差し歯
  • 奥歯を差し歯
  • 差し歯とブリッジ
  • 差し歯とインプラントの違い
  • 前歯の差し歯は保険適用する?
差し歯読録 - 差し歯の悩み解決読本